おすすめゲーム

【アーマード・コアVI 】嘘やろ? 最高傑作なのに初日で辞めた人の理由「9選」何で辞めたの?【AC6/ファイアーズオブルビコン/攻略/感想/レビュー/評価/フロム/エルデンリング/メタスコア

アプリゲーム攻略まとめ

ARMORED CORE VI FIRES OF RUBICON
火を点けろ、燃え残った全てに完全新作メカアクション『ARMORED CORE VI FIRES OF RUBICON(アーマード・コアVI ファイアーズオブルビコン)』

「ARMORED CORE」シリーズ最新作となる本作は、パーツを組み替えてアセンブルした自分だけのオリジナルメカである「アーマード・コア」を操り、立体的に広がる緩急あるSF世界を舞台に、縦横無尽に駆け巡ることができるアクションゲームです。
射撃と近接格闘を駆使したダイナミックな動きで敵を圧倒し、立ちはだかる強大な敵や難局に挑んでいく、多彩でアグレッシブなメカならではのアクションをお楽しみいただけます。

対応プラットフォーム:
PlayStation 5, PlayStation 4, Xbox Series X|S, Xbox One, Steam
『ARMORED CORE VI FIRES OF RUBICON』公式サイト:https://www.armoredcore.net/
(C)BANDAI NAMCO Entertainment Inc. / (C)1997-2023 FromSoftware, Inc. All rights reserved.

■動画
想像の100倍ぐらいとんでもないことに。。ガチの緊急事態が、、、

【アーマード・コアVI 】想像の100倍ぐらいとんでもないことに。。ガチの緊急事態が公式生放送で起こる【AC6/ファイアーズオブルビコン/攻略/感想/レビュー/評価/フロム/エルデンリング

ボス戦。全まとめ。攻略法とやるべきこと

【アーマード・コアVI 】想像の100倍ぐらいとんでもないことに。。ガチの緊急事態が公式生放送で起こる【AC6/ファイアーズオブルビコン/攻略/感想/レビュー/評価/フロム/エルデンリング

有料ダウンロードコンテンツは出る予定?公式の見解について

【アーマード・コアVI 】このタイミングで公式から最後の情報が公開される、、、、、、、、、、【ファイアーズオブルビコン/攻略/実況/感想/トレーラー/レビュー/評価/フロムゲー/エルデンリング

クリア後の世界とエンディングについて

【アーマード・コアVI 】先行プレイレビュー。発売間近の最新作でとんでもない事実が判明する、、、、【ファイアーズオブルビコン/攻略/実況/感想/トレーラー/レビュー/評価/フロムゲー/エルデンリング

ドラクエ12と比べるといったい何が違いあがるのか?

【超絶悲報】最新作ドラクエ12が想像の100倍以上大変なことになってる件について。。【FF16/攻略/実況/ドラゴンクエストXII 選ばれし運命の炎/FINALFANTASY XVI/吉田直樹/吉田P

フロム・ソフトウェアが先行して制作したキングスフィールドで積み上げた3Dアクションゲームのノウハウを元に制作が開始された。作品ごとに詳細は異なるが、国家による支配体制が崩壊し巨大企業が統治する未来を舞台に、プレイヤーはレイヴン(またはリンクス)と呼ばれる傭兵として、アーマード・コア(AC)と呼ばれる人型機動兵器を操って様々な任務をこなすというストーリーを基本としている。また主人公は主に中立の傭兵斡旋組織(『AC1』における「レイヴンズ・ネスト」など)から依頼(ミッション)の斡旋と報酬を受け取る。またアリーナやオーダーマッチと呼ばれるレイヴン同士の対戦の場も設けられ、これらの総合的な評価によって傭兵としてのランク付けがなされる。ゲームシステムとしては、パーツの組み合わせによって自分の望む仕様の兵器(ロボット)が作成でき、各パーツに設定された多様なパラメータを反映した動作を3次元空間内で操作できることが大きな特徴である。基本的にアクションゲームであるが、『ACFF』のみ、人工知能が操縦する無人AC「u-AC」を用いた競技大会「フォーミュラ・フロント(Formula Front)」が舞台となっており、プレイヤーはu-ACを組み上げる技術者「アーキテクト」として参加することとなる。

機体をカスタマイズする行為は「アセンブル」と呼ばれている[2]。機体は胴体となるコアに頭部・腕部・脚部で構成され、両手と両肩に武装、機能を追加したり特性を変化させるオプションを搭載する。パーツには重量やAP(アーマーポイント、装甲値)だけでなく詳細なパラメータが設定されており、それらを勘案して機体を構成することになる。アセンブルはミッションごとに変更できるため、依頼内容に合わせて変更するのが基本であるが、必須ではないため特定のアセンブルを使い続けることも可能

『AC1』から『AC2AA』までは同じ世界観での物語であるため、企業の設定や地名などに共通する点が多数見られる。『AC3』から世界観を刷新し、『ACLR』(『FF』を含む)まではそれまでとは別の世界でストーリーが展開されている。また『AC4』、『ACV』では再度世界観が改められており、『AC1』から『AC2AA』、『AC3』から『ACLR』、『AC4』から『ACfA』、『ACV』から『ACVD』の4つに括ることができる。これら4つそれぞれの世界観は共有されてはいないが、『ACfA』と『ACV』の関連性が『ACVD』の公式設定資料集と連動ウェブサイトACVD-LINK内のノベルコンテンツで示唆されている。

『AC1』等に登場したAC”ナインボール”が『ACNB』中で登場しているが、本編中でも再現機と言われている。フロム・ソフトウェアの監修のもと、模型雑誌「電撃ホビーマガジン」で連載されている『AC4』の外伝小説には『AC3』から『ACLR』のパーツが登場しているが、これは模型を利用したジオラマ作成のためであり、作中ではレイヴンが使うハイエンドACであると説明されている。

ほぼ全シリーズを通して登場するパーツに”カラサワ”と”ムーンライト”がある。前者は強力だが重量のあるレーザーライフル(初代『AC』および『PP』においてはプラズマライフル、『MOA』から『SL』まではレーザーライフル、『NX』から『LR』はハイレーザーライフル)であり、名称は初代『AC』および『ACPP』のプロデューサーである唐澤靖宜に由来する。尚、ACNX以降は頭文字をとった「KRSW」に代わり、その後、AC4以降は「カノープス」となった。後者は青い刀身と高い威力が特徴のレーザーブレードであり、フロム・ソフトウェア製ゲーム『キングスフィールド』中に登場する聖剣の名を冠しており、同名の装備は『METAL WOLF CHAOS』等、他のフロム・ソフトウェア作品にも登場する。

■グッズページはこちらです↓
https://shachikuru.booth.pm/

データコンバート機能・フロム・ソフトウェア・アセンブル・レイヴン・アリーナ・強化人間・地下都市・大破壊・破壊・エンディング・ボス戦・ダウンロードコンテンツ・DLC・攻略・最強装備・最強武器・カスタマイズ・限定・アップデート・アプデ・エルデンリング・ダークソウル・レビュー・メタスコア・感想・評価・炎上・オンライン・チームマッチ・課金・スクエニ・新要素・新機能・生放送・ライブ・公式

#アーマード・コアVI #アーマードコア #アーマードコア6 #AC #AC6 #エルデンリング #アーマード・コアV #アーマード・コア7 #アーマードコア7 #AC7 #AC8

コメント